脱毛できない部位

脱毛できない部位もある

ひと昔前に比べると脱毛エステで脱毛処理の出来ない部位というのもかなり少なくなってきているようです。

それでも脱毛処理を行う事の出来ないの部位というものがあります。

通常の皮膚よりも色が濃くなっている部位は脱毛出来ない部位となっています。

例えば乳輪や、ほくろ、しみなどがある部位だったり、日焼けによって通常の皮膚よりも濃くなっている部位です。

また、最近人気のIラインやOラインと言われる部位ですが、この中でも粘膜の部分は、とてもデリケートな部位という事で安全面を考え脱毛できない部位となっています。

IラインやOラインと言われる部分は、もともと脱毛処理を行っていないサロンもあります。

この他にも顔の脱毛の部位の中でも、皮膚の薄い部分の目の周りなどのデリケートな部分の脱毛処理は安全面を考え行っていないサロンが多いです。

脱毛できない部位は、脱毛サロンや脱毛方法により多少の違いがあります。

自分が希望する部位の脱毛処理は、どこまで行う事ができるのかを、あらかじめ調べ、初回のカウンセリングの際に確認するようにすると安心です。

全身脱毛コースもサロンごとに施術不可の部位に違いが!

では、名古屋で人気の脱毛エステサロンの上位3サロンの全身脱毛コースで脱毛できない部位を比べてみましょう。

まずは1位の脱毛ラボでは、全身22箇所脱毛を月額会員制で通うことができます。

V・I・Oラインのデリケートゾーンも脱毛範囲に含まれています。

顔も、鼻下・あご・もみあげは範囲内ですが、おでこだけは範囲外となっています。

次に2位のRINRINでは全身360度コースがあります。

Iライン・Oライン・顔は対象外となっていますが、オプションでそれぞれご希望の箇所だけ脱毛可能なのはうれしいですね。

RINRINも顔の脱毛範囲のうち、おでこだけは範囲外となっています。

そして、3位の銀座カラーですが、全身VIP脱毛と全身VIPハーフ脱毛の2種類があります。

全身VIP脱毛は、首から下はすべて脱毛範囲となっており、顔だけ除外となっています。

全身VIPハーフ脱毛は、ワキ・鼻下・Vラインなどのデリケートチョイス4箇所と、ひじ下・顔(鼻下除く)・Iラインなどのスタンダードチョイス4箇所の計8箇所、お好きな箇所を選ぶことができます。

このように、上位3サロンの全身脱毛コースを比べて見ても脱毛範囲には色々と違いがあります。

脱毛初心者の人には多い方がうれしいですし、中級者の人には選べる方がうれしいなどと、人それぞれにより合う合わないなど違いがあります。

希望する箇所が含まれていることはもちろんですが、後から追加できるかどうかもチェックしてみましょう。

ただ脱毛箇所の多さや値段だけでなく、あなたにとってコスパ高になるかどうかをしっかり見比べましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック