脱毛日の服装

脱毛日の服装で気を付けなければいけないことは何?

脱毛を受ける日は、気軽にリラックスして行きたいものですが、服装には少し気をつけたい点がいくつかあります。

最近の脱毛機器はかなり肌に優しくなっていますが、やはり施術後は少しいつもよりデリケートな状態になります。

サロンで行われるフラッシュ脱毛は医療レーザーなどと比べても、長い間肌へ影響を及ぼすことはありません。

しかし一般的に脱毛後の肌は軽い日焼けをしている状態と表現され、いつもよりも乾燥し、傷みやすい状態です。

その為、脱毛をする日には少し服装に気をつけましょう。

例えばVラインなどを脱毛した日にはVラインを締め付けるような下着や、タイトなパンツをはかないようにしましょう。

なるべくVラインの肌を傷つけない、肌を擦ったり刺激したりしない素材の物を選びましょう。

また、ひざ上ひざ下脱毛をした場合はボトムスに気をつけましょう。

あまりにルーズなものはお勧めできませんが、かと言って短パンやミニスカートで肌を露出するのもよくありません。

紫外線に非常に弱くなっていますから、紫外線には極力脱毛後の肌を当てない方がいいのです。

同じようにひじ下ひじ上脱毛をする日の服装は腕を締め付けるような服装ではなく、肌に当たっても優しい素材の物が適切です。

また、夏場は大変かもしれませんが長袖を着て出掛けると良いですよ。

腕の肌がかなり紫外線に弱くなっていますから、今日1日くらいは日に当てないことを心がけましょう。

例えば顔脱毛の場合は顔をカバーするわけにはいきませんから、仕方がありません。

低刺激の日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を施した後、なるべく地下や日陰を通るなどして紫外線を避けましょう。

特に顔の皮膚は刺激に敏感です。シミの記憶は一生残りますから、それを表に出さないためにも念入りな紫外線対策が必要です。

しかし同時に脱毛後ですので乾燥しやすくデリケートな状態です。

このような肌にSPF50の肌への刺激が大きい日焼け止めを塗りたくるわけにはいきません。

肌の状態を保湿された良好な状態に保ち、刺激をあまり与えないものを使用しましょうね。

この時、帽子や日傘を持ち歩いておくと便利ですね。

これらのことに気をつけながら、当日は頑張ったお肌をいたわってあげてくださいね。

また、脱毛当日以外にも少し肌には気を配ってあげましょう。

肌の状態が良好であることが脱毛にも良い影響を与えます。

日頃から服装を含めケアを忘れず行うことをお忘れなく。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック