工場の排気や塵の脱毛への影響

工場の排気や塵の脱毛への影響は?

名古屋は自動車会社などを始めとし、優れた技術を持った会社が多く工場や本社を構えていることでも知られています。

工場があることで雇用も多く、日本国内でもかなり豊かな市町村だと言えます。

そんな名古屋の市内総生産は何とカタールの国内総生産よりも多く、世界で50位以内の「国」に相当するほどの総生産量を誇っています。

このように豊かな街だからこそ、少し気になってしまうのが工場からの排気や塵が脱毛に影響するのではということですよね。

≪工場の排気や塵は直接的に脱毛には影響せず≫

工場の排気ガスや塵が比較的多い地域に住んでいる場合でも、脱毛に特に影響することはありません。

但し工場の種類によってはホルモンバランスに影響を与える有害物質を排気している場合もあります。

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛はホルモンバランスに影響を受ける毛周期に合わせて行う必要があります。

そのことから排気ガスや塵そのものが脱毛箇所の皮膚に直接影響するのではありませんが、ホルモンバランスに影響を与えるような排気ガスはなるべく避けたいものです。

現在日本では基準が厳密に定められ、人体に影響が出にくいよう設定されています。

しかし、ホルモンバランスはストレス状況などによって基準値以下でも何らかの影響を与える場合があります。

日常生活においてなるべくストレスを貯めないよう意識することはもちろん、なるべく工場付近へは用事が無ければ近寄らないようにしましょう。

≪雨の日に注意≫

ところが、住居地によっては住んでいる場所の近くに工場がある場合も多いです。

そんな時はどうしても工場の半径数キロメートル以内で生活することが多くなりますよね。

このような方は、日常的に吸い込む空気に注意することはできませんが、雨の日に洗濯物を濡らさないようにすること、自分自身が雨に濡れないようにすることで万が一の影響を予防することができます。

雨は大気中の排気ガスや塵、ゴミなどを含んで落ちてきます。

その為、地上に降り注ぐ雨水は、特に工場などが近くにあると汚いと言われています。

工場からの排気ガスや塵に触れたからと言って直接的な影響は考えられませんが、特に脱毛直後は肌が非常にデリケートな状態です。

そこへ排気や塵を含んだ雨水を浴びることが肌に良いとは言えませんよね。

脱毛日当日に突然降られてしまうといけないので、脱毛日当日はなるべく小型の折り畳み傘をかばんに忍ばせておくことで気軽に対策ができます。

また、洗濯物などを干していて雨水に濡れた際はもう一度水で洗って干しなおすなどして、清潔な衣服やタオルで身を包むように心がけましょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック