名古屋で全身脱毛中の怪我

名古屋で全身脱毛中の怪我を早く治す方法は?

名古屋で全身脱毛期間中に、万が一怪我をしてしまったらどうしよう、脱毛できるの?と心配になりますよね。

全身脱毛の部位には、手足はもちろん、怪我をしやすい箇所が様々含まれています。

「次は足の脱毛と腕と・・・」と考えていた矢先に、怪我をしてしまったら、ショックですよね。

けれど、避けられない怪我というのも当然あるでしょう。

そこで今回は、万が一全身脱毛中に怪我をしてしまったら、名古屋女子がどのように対処すべきかについてお話します

≪傷ができてしまったら、湿潤療法!≫

『湿潤療法』は体が本来持っている「自己治癒能力」を最大限に生かす治療方法の1つです。

この療法では、何よりも傷を乾かさないことに注力します。

生きている細胞は乾燥すると死にます。

普通は傷が乾燥してくると一見して治ったように感じますよね。

入浴などで再度潤ってしまうと、傷口がかえってジュクジュクしているように見え、つい乾かそうとしてしまいます。

通常の傷口の手当ては実際乾燥させることを第一に考えたものです。

まず傷をアルコールなどで消毒し、傷がジュクジュクになるのでガーゼや絆創膏を当てて水分をわざと傷口から奪います。

しかし実際にはこの手当ての仕方が傷口の治りを遅くすることがわかってきたのです。

≪傷が治るそもそもの仕組み≫

傷が治るそもそもの仕組みとして、まず皮膚が損傷すると傷口に血小板が集まって血液を固め、止血します。

その後、好中球やマクロファージなどが集まって傷ついてしまった細胞や侵入してきた外部からの細菌を除去します。

その後繊維芽細胞が集まって傷口をくっつけ、表皮細胞が集まって傷口を覆います。

この難しい仕組みを全て理解する必要はないのですが、傷口にはたくさんの細胞が集まってくるのだと理解できるでしょう。

これらの細胞を呼び集める、いわば点呼係が『細胞成長因子』です。

これが何と傷ができた時に出てくるジュクジュクの水分の中に豊富に含まれているのです。

これを無理にガーゼや絆創膏で除去してしまうと、点呼がうまくいかず結果として傷の治りが遅くなるのです。

また、消毒は傷口の細菌に対してあまり有効ではないとわかってきました。

消毒は傷口の周りの健康的な皮膚にのみ付けるようにし、傷口自体は自己治癒能力のほうに任せましょう。

そのほうが傷口を不用意に傷つけなくて済みます。

≪具体的な湿潤療法の方法≫

傷口を水道水で綺麗に洗った後は、白いワセリンを塗ったラップを付けます。

これが家庭での湿潤療法による応急処置です。

最近では湿潤療法を利用した特別な絆創膏なども販売され、「傷の治りが早い」と注目を集めていますね。

家庭にある場合はこのような商品を使用しても良いでしょう。

名古屋で全身脱毛中に万が一怪我をした場合の対処方法は、これでバッチリですね!

≪脱毛において最も大切なのは傷を作らないこと≫

ここまで傷を治す最前線の応急処置方法として湿潤療法を具体的に説明してきましたが、全身脱毛という観点から見るとやはり傷をそもそも作らないことに重点を置きたいものです。

しかし蚊に刺されて痒くて引っ掻いたら傷になった、スポーツ中に怪我をしてしまったなど日常生活では怪我をしない保証がありませんよね。

脱毛期間中に避けられない怪我をしてしまった際で、あくまで脱毛予約日まで日にちがない場合、湿潤療法など短期で傷を治す方法を実践してみると良いでしょう。

但し、酷い傷などは自力で無理せず病院を受診するなどして薬をもらい対処しましょうね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック