全身脱毛の常識

全身脱毛の常識!生理のときに施術しない方がいい理由

生理のときに脱毛しない方がいいのはもはや常識ですね。

でも全身脱毛ではVIOラインの施術をしないときもあるのに、いったいどうして生理だとダメなんでしょうか?

生理で脱毛ができない理由

VIOラインの場合は経血で汚れてしまう恐れもありますが、ひざ下やひじ下などデリケートゾーンから離れた場所でも生理中は施術を避けた方がいいのです。

なぜなら、生理によって体調が変わり、肌が敏感になってしまうからです。

生理中はホルモンバランスがいつもとは違い、肌質も変わってきます。

いつも使っている化粧品が合わなくあって肌荒れが絶えないという人もいるでしょう。

このような体の変化があるため、脱毛には向かないのです。

サロンによってはVIOライン以外なら施術可能としていることもありますが、それでも生理中の施術はあまり推奨していないのです。

生理日だけではなく前後3日間も施術不可とするサロンもあるので、全身脱毛を申し込む前に対応も調べておきたいですね。

予約を入れるときには注意して

多くのサロンでは生理だと脱毛ができないので、予約を入れるときには生理予定の日からずらすようにしましょう。

施術直後に次の予約を入れることが多いので、前もって数ヶ月のサイクルをチェックしておくと便利です。

スマートフォンのアプリでも簡単に生理日の予測ができるものもありますね。

しかし、いくらちゃんと予定を立てておいてもちょっとした体調の変化で生理が遅くなったり早くなったりすることもあります。

もし脱毛の予定日に生理が当たりそうだなと思ったら、残念ですがなるべくキャンセルの連絡を入れるようにしましょう。

生理不順が心配な人は回数保証

月額制の全身脱毛の場合、万が一生理で予約が1回つぶれてしまうと大変です。

すぐ別の日に予約を入れることができればいいのですが、同じ月に再予約ができるとは限りません。

そうなると月1回しか通えず、希望の回数を消化しようと思ったら最初の予定よりも費用が掛かってしまうことになります。

基礎体温を付けて生理日の予測をしっかり行う方法もありますが、それでもサイクルが乱れて予測が付きにくい場合は、月額制よりも回数保証のプランを選んだ方が安心です。

それなら生理で予約変更をしても、確実に申し込んだ回数分だけ施術が受けられますね。

ただし、キャンセル時の対応はサロンによっても異なるので、キャンセル料の金額や連絡をいつまでにすればいいのかなど確認が必要です。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック