全身脱毛をのデメリット

全身脱毛をすると何かデメリットがあるの?

どんなに便利なものでもリスクやデメリットというものがあるように、全身脱毛にも当然デメリットがあります。

満足いく全身脱毛をするには、まずその不安から解消しなくてはなりません。

時間・期間が長くかかる

全身脱毛はどんな技術で行うにしても、非常に長い期間かかります。

しかも脱毛範囲が広いため、一度に施術をしようとすると数時間かかってしまいます。

そうなると利用する人の体力の消耗が激しく、薄着でいる時間が長いため風邪などの心配も出てきます。

その部分を解消するために、サロンでは数人のスタッフで施術に取りかかったり、脱毛範囲を分割して施術を行ったりします。

脱毛範囲を分割する方法だとその分脱毛が完了するのが遅くなってしまう心配があります。

脱毛ラボの月額制プランなら1ヶ月に2回まで通えるので、結果的に1年間6回の施術を受けるプランとほぼ変わらず、無駄なく施術を進めることができます。

肌への影響が気になる

脱毛は効果が高い技術ほど、施術時の肌への刺激が強くなります。

そのため、炎症や火傷などのリスクが高くなってしまいます。

できるだけ刺激を抑えたマイルドな脱毛法といえばフラッシュ脱毛が挙げられますが、肌に優しい分効果は多少落ちます。

しかし、回数を多く重ねて施術することで、効果をアップさせることは可能です。

どんな脱毛方法も全く肌への刺激がないわけではないので、施術後は十分に気を配る必要があります。

特に保湿、冷却、紫外線対策はちゃんと行いましょう。

長い期間がかかって費用が高い

長期間のプランに思い切って申し込んだとしても、途中でサロンに通えない事態が起こったときに困りますよね。

高額・長期に亘るプランに申し込む際には、必ず途中で通えなくなったときのことを想定して、解約方法や返金制度、保証期間の延長などについて調べておきましょう。

範囲が広い分費用が高くなってしまうのは仕方のないことですが、背中やVIOラインなど自分では処理の難しい部分も脱毛ができます。

1年も2年も待つのが面倒との意見もありますが、一生続く自己処理の手間を考えれば面倒だとは思えなくなるでしょう。

また、ワキなど一部分に比べると費用は高いものの、以前と比べると大分低価格になっており、全身脱毛のハードルも下がってきています。

他にも不安や疑問がある場合は、施術前の無料カウンセリングを利用し、解消する方法もあります。

デメリットよりメリットが多い全身脱毛ですので、ポイントさえ押さえて注意すれば、安心して受けることができますよ。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック