タトゥーがある場合の全身脱毛

タトゥーがあるけど全身脱毛はできる?

以前は特別な思想の元入れるものでしたが、最近はファッション感覚でタトゥーを入れる人も増えています。

しかし、肌に染料を入れるものであるため、脱毛に影響が無いのかが気になりますよね。

タトゥー部分には光をあてられない

脱毛サロンで導入しているフラッシュ脱毛や医療機関のレーザー脱毛の光は、メラニン色素に反応する仕組みを持っています。

タトゥーは肌の色よりも濃いため、光をあてるとその部分が反応してしまい、火傷や痛みを起こしてしまう恐れがあります。

ですから、タトゥー部分には光をあてて脱毛施術することはできません。

タトゥー部分を避ければ問題ないが・・

フラッシュ脱毛でも、タトゥーを入れていない部分なら特に施術に問題ないとするサロンが多いです。

しかし、拡散した光を吸収するといけないので、安全面を考慮してタトゥーから数センチ離れた部分までしか施術しない可能性もあります。

サロンによっては、脱毛したい部位にタトゥーが入っていたり近かったりすれば、その部位ができなくなります。

例えばうなじにタトゥーが入っていたとしたら、うなじは施術が一切できないということになります。

また、絵柄の大きさによっては、背中上部の脱毛にまで影響を及ぼす可能性があります。

このようにタトゥー以外の部分であればフラッシュ脱毛も問題はありませんが、より広範囲に亘って脱毛ができなくなる可能性があるということです。

脱毛は諦めないといけない?

理想を言えば、脱毛を終わらせてからタトゥーを入れるべきなんですが、既に入れてしまったものはしょうがないですよね。

そんな場合でも、脱毛する手段は残されています。

それは、電気脱毛を利用する方法です。

電気脱毛は肌に光を照射するわけでは無く、毛根に直接電気を流す技術です。

そのため、肌に色が付いた状態でも脱毛することが可能なのです。

ただし、電気脱毛は毛穴に針を刺してから電気を流すため、非常に強い痛みが生じる施術法です。

それにいくら色素には関係ないとはいえ、タトゥーを入れて間もない部分の施術をするのはかなり危険です。

しかしタトゥーは肌に傷を付けながら色を入れているものなので、入れたばかりの肌は炎症を起こしやすくなっています。

タトゥーを入れてから肌が落ち着くのは個人差もありますし、脱毛するサロンによっても対応が異なるところです。

まずは無料カウンセリングを受けて、脱毛が可能なのか相談してみるといいでしょう。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック