毛抜き処理で永久脱毛

毛抜き処理で永久脱毛はできないの?

毛抜き処理って1本ずつ抜くから面倒くさいのに、根っこからスルッと抜ける感覚が癖になるといいます。

きれいに抜ければ肌表面もチクチクしないし、もう生えてこないのではとも思いますよね。

でもやはり毛抜きで永久脱毛なんてできないのです。

毛根についてくる白いものは何?うまく取れたら生えてこないのでは?

毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根に白いものが付いてくることがありますよね。

あれは、毛包というものです。

まるで毛の組織ごと取れた感じがするため、毛包が取れたら毛は二度と生えてこないんじゃないかと勘違いしている人もいます。

でも、毛の再生組織は毛包ではないんです。

実際の発毛組織は毛包の側にあるので、毛抜きでは絶対に取り除くことはできません。

毛穴に針を刺して電気を流す電気脱毛なら毛包の側まで強いエネルギーを届けるので、最も高い脱毛効果が得られます。

続いてレーザー、フラッシュ脱毛と続きます。

毛抜きは単に毛の組織を抜くだけのものなので、カミソリ処理よりも多少長持ちするというだけのことなんです。

毛抜きによる弊害

毛抜きでムダ毛を無理に抜くと、毛の周りの皮膚も一緒に引っ張られてしまいます。

そんなことを繰り返して行うと、毛穴は大きく広がってしまいます。

毛穴が広がるとどんなに剃ってもブツブツと目立ってしまうため、まるでムダ毛処理を怠っているようにも見えます。

また、不衛生な状態で毛抜き処理を行うと毛穴からバイ菌が入り、毛包炎という感染症を引き起こしてしまいやすくなります。

他にも皮膚下で毛が伸びてしまう埋没毛も良くできます。

せっかくきれいに取れたと思っても、毛抜きは肌を荒れさせてしまうだけできれいな脱毛ができる訳ではないのです。

毛抜きできれいに脱毛ができているという人もいますが、繰り返し刺激を与えると肌は色素沈着を起こします。

本人は気付いていないけど客観的に見てみると黒ずみだらけなんてこともあるので、注意しましょう。

脱毛サロンに行く前は毛抜き脱毛を止めて

脱毛サロンでお手入れしてもらうなら、毛抜き脱毛はNGです。

なぜなら毛根が取れてしまうとうまく施術が行えないからです。

毛の組織が無いと電気もフラッシュ、レーザーもパワーが行き届かず、脱毛効果がでないのです。

毛を抜くと生えてくるまで2週間から3週間掛かる人もいるので、なるべく1ヶ月前からは自己処理を毛抜きからシェービングにした方がいいです。

肌に悪い毛抜きを一刻も早く止めて、きれいな肌を取り戻したいですね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック