全身脱毛コースは疲れる?

全身脱毛コースは疲れるって本当?

「全身脱毛はとても疲れる!」という意見があります。

いったいどうして全身脱毛が疲れるのか、その理由を考えてみましょう。

施術時間が長いと疲労が増す

脱毛範囲が広いと、当然施術時間が長くなってしまいます。

ワキ脱毛の場合だと、施術時間はせいぜい10分から15分程度です。

全身まるごとの施術になると、3時間以上かかってしまうことだってあるんですよ。

脱毛するわけですから、利用者はどうしても薄着でいなくてはなりません。

ただ施術台に横たわっているだけとは言え、長時間の施術はかなり体への負担がかかるのです。

人気店の対処法は?

手間も時間もかかる全身脱毛ですが、全てのサロンが3時間以上かけて施術しているわけではありません。

人気サロンでは利用者の負担を減らすため、1回の施術時間を短縮するための工夫を凝らしています。

例えば脱毛ラボの場合ですが、全身を4分割して1日に4分の1ずつ施術する方法を採っています。

月額制の全身脱毛なら月2回まで通えるので、2ヶ月で全身1回分が終了しますね。

他にも複数のスタッフが同時に施術するなど、時間短縮をするサロンが増えています。

そうやって3時間以上もかかっていた全身脱毛が、1時間ぐらいで終わらせることができるんですね。

全身脱毛を受けたいと思うなら、施術時間もチェックした方がいいですよ。

施術中に体調が悪くなったら?

全身脱毛の1回の施術にかかる時間は、短くておよそ1時間です。

1時間ぐらいならなんとか無理なく施術を受けられそうなんですが、それでも途中で具合が悪くなるときもあるでしょう。

そんなときは絶対に我慢せず、すぐにスタッフへ伝えましょう。

場合によっては施術中止もやむを得ません。

また、施術室が寒すぎる場合もスタッフに伝え、空調を調節してもらうか毛布やタオルを持ってきてもらうようにしましょう。

このような場面での対応でサロンの善し悪しは分かれますので、気遣いをしてくれるところで全身脱毛をしたいものですね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック