全身脱毛のクーリングオフや解約方法

全身脱毛のクーリングオフや解約はどうしたらいい?

誰でも最後まで通うつもりで申し込むはずですが、契約した後に気が変わってしまった、あるいは契約期間中にどうしても止めざるとえない事情ができてしまうことがあります。

全身脱毛だと金額も高くコース期間も長いため、そのようなケースが多いですよね。

そこで全身脱毛のクーリングオフや解約の仕方について考えてみましょう。

全身脱毛のクーリングオフの注意点

クーリングオフとは契約を撤回できる制度のことで、単なる解約とは異なります。

解約するというよりも、一旦白紙にしてしまいましょうということですね。

契約を撤回できれば支払い済みだった料金も全て返金してもらえます。

どんなものでもクーリングオフできるというわけではなく、一定の条件に当てはまっている必要があります。

契約日から8日以内の申し出であることと、契約期間が1ヶ月を超えるコースであること、契約金額が5万円を超えることが対象となります。

全身脱毛コースの場合だと契約金額も高価ですし、契約期間は1年以上であることもあるので、すぐに期間さえ過ぎなければ条件に当てはまるでしょう。

例えば一旦申し込んだものの、家に帰ると家族に反対されてしまったとか気が変わったなんてケースもあります。

そんなときにクーリングオフ制度を利用すれば、契約する前に戻すことができるのです。

やり方は簡単で、書面でサロンへクーリングオフをしたいことを告げるだけで大丈夫です。

口頭でもできるのですが、それだと証拠を残せないので書面にして内容証明郵便で送れば確実です。

書面にはサロンの名称、担当者名、契約内容、契約金額、契約解除を申し出る日付と自分の名前と住所を記しておくといいでしょう。

8日を過ぎてしまったら中途解約

途中まで通っていた全身脱毛を止めたい場合は、クーリングオフではなく中途解約をしましょう。

中途解約も法的にはクーリングオフと同様に契約期間1ヶ月を超えて金額も5万円超のものじゃないとできないのですが、サロン独自で少額コースでも応じていることもあります。

中途解約の場合は違約金を支払わなくてはいけないため、契約前にはしっかりと確認しておきましょう。

このようにクーリングオフがだめでも中途解約という手段があるので高額な全身脱毛でも安心なのですが、せっかく申し込んだコースなのでできれば最後まで終えて欲しいものです。

店舗移動や休会制度などを利用して通い続けることができないのか、じっくりと考えたいものですね。

※最終更新
ダイエット・コスメをクチコミでチェック